LOVE庄内エッセイ 庄内が好き!

マイ フェイバリット イン 庄内

このエッセイコーナーはe-Towns発行人、北風秀明が日頃抱いている庄内への思いをエッセイにしたもののアーカイブスです。

(vol.11 e-Towns 2013年6月号 掲載)

ようやく庄内平野にも穏やかな日が続く季節がやってきました。気持ちよく晴れた日は、本当に素晴らしい景色を見せてくれます。昔から、厳しい冬もこの時があるから乗り切れたのだろうなあと先人になった気持ちで庄内平野を見回すと、ここに暮らした多くの人たちと気持ちが通じたような不思議な感じになります。はっきりした四季は私たちの営みをこんなにも素敵に演出してきたのですねえ。

庄内に長く住んでいるうちに誰にでも、私のお気に入り「マイフェイバリット」がいくつかできると思います。今回は僕のそれを少し紹介させていただきます。

まず僕をいつもセンチメンタルにする景色が鶴岡南バイパスを高坂から外内島方面に走り、112号線にぶつかる交差点から見える月山です。信号で止まると真っ正面に月山がとても大きく見えます。視界に入らないほどのパノラマはとても雄大で、全てを包み込まれるようです。

よく晴れた日、鶴岡から酒田に行く時に両羽橋から見える鳥海山。澄んだ青空に鳥海山が輝く景色はいつも圧倒的に胸に響きます。この色彩は僕にとって希望とか勇気という言葉と繋がっています。

アイアイひらたは風呂から庄内平野が一望できて、夕日の時間に行くとまさに100万ドルの夜景ならぬ100万石の夕日(勝手に僕がそう呼んでいる)に出会えます。風呂上がりの赤ねぎ入りの夕日味噌ラーメン(季節限定)は最高です。

また、遊佐町のふらっとで店頭で焼いている銀ガレイも超フェイバリットです。分厚く切った切り身を串に刺してじんわり焼いていて、箸でそっとつかみ口に入れると、その瞬間にホロリとほぐれて、脂ののった身がまったりと舌全体に絡み付いてきます。なんともうまいです。近くに行くとかなりの確率で立ち寄ってしまいます。

皆さんもそうだと思いますが、例を挙げれば切りがないです。長く東京でも暮らしましたが、こっちに帰ってきて大正解だったと今は思います。

と言うわけで、次号はマイフェイバリットイン庄内特集を行います。プレゼントコーナーをご覧いただき、皆さん、どんどん投稿して下さいね。

関連記事

  1. 読書でまちを元気に!
  2. 新機能実装!応援レビューコメントを追加できるようになります。
  3. e-Towns8月号が発行になりました!
  4. 桜咲く!信濃屋の花見だんご
  5. 献血の案内です
  6. このサイト、アクセスが伸びています
  7. 6月号発行しました!
  8. 事務職・営業職〜求人〜

新着記事

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP